サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

磐田負ければ敗退危機 今季初先発荒木ゴール誓う

今季3度目の静岡ダービーが今日9日、開催される。
ルヴァン杯1次リーグ第5節でJ1のジュビロ磐田と清水エスパルスが対戦。
磐田は今季公式戦初先発が確実のMF荒木大吾が、今季ダービー初勝利に導くゴールを誓った。
乗ってる男が、磐田に今季ダービー初勝利をもたらす。
8日、MF荒木はヤマハスタジアムでの最終調整に臨み、紅白戦で主力組の左サイドに入った。
昨年8月リーグC大阪戦で負った右腓骨骨折から復帰後、公式戦初先発が確実となると「スタートから試合に出られる。
楽しみ」と、目をぎらつかせた。
全治約5カ月の大けがから復帰した今季、ここまで公式戦8試合に途中出場。
5日のリーグ柏戦では、途中出場からFW川又堅碁の決勝点をアシストするなど状態は上向きだ。
一方で、プレー時間は最長で26分と体力面では不安もあるが、「体力を残そうと思っていない。
最初から飛ばす」と語気を強めた。
1分け1敗で迎える今季3度目の静岡ダービーに敗れ、他会場で甲府が勝った場合には1次リーグ敗退が決まる。
負けられない一戦に向け、荒木はこの日、全体練習後にも左サイドでコンビを組むFW中野誠也DF大南拓磨らと連係を入念に確認。
「前回負けた借りを返さなければいけない。
ゴールを意識して、思い切って仕掛けていきたい」と言った。
キックオフの笛から、宿敵のゴールに襲いかかる。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.