サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

広島2発快勝、神戸は決定力欠く/広-神13節

Eスタ
首位サンフレッチェ広島が、ヴィッセル神戸との接戦を制した。
前半44分にMF青山敏弘がPKを決めて先制。
後半ロスタイムには、FWパトリックがとどめのゴールを決めた。
広島はこれで、13節で11勝と驚異的な勝率で走る。
特に、ホームでは6戦負けなしと抜群の安定感を誇る。
主将のFWルーカス・ポドルスキが負傷で離脱した神戸は、決定力を欠いた。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.