サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

浦和オリベイラ監督「常に押し込む」もPKに泣く

カシマ
浦和レッズ・オリベイラ監督の古巣戦はPKによる1点に泣いた。
後半は序盤から試合を支配するも、FW興梠が徹底マークにあって自由を奪われた。
FW李ら攻撃陣を続々と投入したが、GK曽ケ端の好セーブもあり、ゴールが遠かった。
指揮官は「結果だけが、内容を反映していない。
相手陣地内で常に押し込んでいた」と惜敗にも前を向いた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.