サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

鹿島曽ケ端の恩返し 恩師オリベイラ浦和から初連勝

カシマ
試合後のインタビューで話す守護神の声はかれていた。
それは大岩監督も、多くの選手も。
GK曽ケ端は「いつもこんな感じですよ」と笑い飛ばした。
それだけ声を掛け合い、カバーし合った。
鹿島アントラーズの今季初の連勝は全員でつかみ取った。
相手は浦和レッズ。
何より、かつての指揮官だったオリベイラ監督がいる。
「勝ってうれしい要素が、より一層多い」とDF昌子は話していた。
その思いを全員が共有していた。
浦和のエース興梠に渡ったボールは昌子が防ぎ、昌子がペナルティーエリア内で奪われた場面では曽ケ端が体を張った。
「カバーの意識がみんなあった。
それがたまたま僕だったというだけ」。
好セーブが目立っても、守護神は意に介さない。
なぜならGKは「ちっちゃい仕事しかない」という思い。
ただ、猛攻に耐えるという小さな仕事をいくつも積み重ねて、PKによる1点を守り抜いた。
MF永木は「あれができるのが鹿島の強み。
久しぶりにこういう勝ち方ができた」と胸を張った。
オリベイラ監督の下で3連覇に貢献した守護神は38歳。
いまだ存在感を放つ。
今季初の連勝は前節の曽ケ端のリーグ戦初出場から始まった。
7年ぶりに再会した同監督を「相変わらず格好良かった」と言ったが、曽ケ端も負けてはいない。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.