サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

鹿島が今季初連勝 守備陣が連係し浦和の猛攻しのぐ

カシマ
1人がミスをしても誰かがカバーをすれば、大火事にはならない。
それを証明した試合だった。
鹿島アントラーズが宿敵浦和レッズの猛攻に耐えて、今季初めての連勝を飾った。
前半36分。
DF安西幸輝がDF昌子源にバックパスをした。
その距離が近すぎた。
安西に詰めていた浦和MF橋岡大樹にそのままついてこられた。
昌子はボールを蹴ることができず、ペナルティーエリア内で奪われた。
「試合を台なしにしそうになった」と決定的なピンチが生まれかけたが、そのときのGK曽ケ端準の飛び出しは、速かった。
橋岡のシュートを至近距離で体に当てる。
こぼれて再び相手に渡った球は、三竿健斗らが追う。
曽ケ端は言う。
「カバーの意識がみんなあったと思いますし、それがたまたま僕だったというだけ。
多くの場面でみんなが、周りをよく見えた良い対応が多かったと思います」。
その場面ではミスをした昌子だが、前半7分の浦和のエース興梠慎三の飛び出しには、好判断のスライディングで防いだ。
「もう1人走っていたと思いますけど、浦和のエースですし、必ず慎三さんに出てくるんだろうと思って、もう1人の方は捨てて、慎三さんばかり気にしていました」。
後半はあえて前線から追わずに、守備のブロックを敷いて猛攻に耐え抜いた。
その堅い守備は、鹿島らしさでもある。
2列目の左の中盤に入って追い回したMF永木亮太は「あれができるのが鹿島の強みだと思っています。
久しぶりにこういう勝ち方ができたなって、自分の中では手応えがある」と胸を張った。
相手のオリベイラ監督は、鹿島を5年間率いて、3連覇にも導いた元指揮官。
その相手に、3万3000人超のサポーターも強烈なブーイングで、鹿島イレブンの背中を後押しした。
「サポーターの力がどれほど力になるか、今日の試合でまた1つ証明できたと思います」。
昌子はそう言って、感謝していた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.