サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

G大阪敵地6連敗…林は顔面流血も執念でプレー継続

厚別
ガンバ大阪が敵地6連敗となった。
前半10分、G大阪をアクシデントが襲った。
GK林が相手のクロスボールに対応すると、詰めていた相手選手の足が顔面に直撃。
左目の上から流血し、約7分間中断した。
ピッチサイドでは17歳の高校3年生、GK谷がアップを始めていたが、林が執念で立ち上がり試合は再開。
その後も林は何度も好セーブを見せていたが、前半39分に失点してしまった。
林はハーフタイムに患部を縫合。
試合終了までゴールを守り続けた。
一方、攻撃はシュート8本が決まらず、連勝が2で止まった。
ホームは4連勝中だが、アウェー戦は今季6戦全敗。
MF遠藤は「十分にチャンスがありながら、決めきれなかった。
ホーム、アウェー関係なく勝ち点を積み上げていきたい。
自分たちの力をつけていきたい」と反省した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.