サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

鹿島内田フル出場で復活 「前半抑えず」に価値

カシマ
走り抜けた。
最後まで。
4試合ぶりの勝利を告げる笛をピッチで聞けたのは、今季初めてだった。
鹿島アントラーズDF内田篤人は2月14日のACL上海申花戦以来、今季2度目のフル出場を果たした。
Jリーグ復帰後、初アシストという結果を携えて。
だが、価値が高いのはそのアシストよりも「フル出場」と即答した。
「前半抑えて、という感じではないので」。
問題なし-。
それを見せつける試合だった。
何よりチームに活力を与えたのが、前半4分だった。
MF遠藤がボールを持った瞬間、トップスピードで駆け上がった。
縦パスが出るが、相手はついてこれない。
「ゴロか、頭か。
とりあえず速いボールをマイナスにと思っていました」。
右クロスはFW鈴木の頭にピタリ。
09年12月5日の浦和戦でFW興梠に決めて以来、リーグ戦で3070日ぶりのアシストだった。
当時も勝利。
それはこの日も。
役者が仕事をすれば、鹿島は上昇する。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.