サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

35歳G大阪今野が復帰 即アシストで代表アピール

吹田S
2大会連続のワールドカップメンバー・ガンバ大阪MF今野泰幸が復帰戦でアシストを記録した。
ホーム・ベガルタ仙台戦で後半開始から途中出場。
右足首痛の離脱から1カ月半ぶりにピッチに立つと同17分にMF倉田秋の2試合連続ゴールをピンポイントパスでアシスト。
1-0の勝利に貢献し、3大会連続のW杯出場へ向けて最高のアピールを行った。
審判が掲げる蛍光板に「15」がともると歓声が湧いた。
攻撃が停滞していた前半の空気が一気に変わった。
後半17分、右サイドでMF遠藤、藤本とつないだパスを受けるとスペースに走り込んだ倉田を見逃さず、完璧なパスを足もとへ。
「前を見たら秋がいいところに走ってくれた。
相手DFもしぼりきれていなかったので良かった」。
今季は2月のキャンプから右足首痛で2度の離脱。
3月18日柏戦以来、1カ月半ぶりのピッチだった。
練習試合などの実戦もないぶっつけ本番。
「不安はあった」。
だが日本協会の関塚技術委員長が見守る中、冷静なプレーが要所で光った。
「動きはまだまだ。
自分は100%で動く運動量が持ち味。
100%動けないと自分じゃないし、存在価値がない」。
守備的な位置を万能にこなす35歳は、西野ジャパンのカギとなるかもしれない。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.