サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

清水二見、フレイレ代役最有力 ソッコと興梠止める

清水エスパルスが「急造DF」で浦和のエース封じを狙う。
明日15日のアウェー浦和レッズ戦に備え、13日は静岡市内で非公開練習。
前節までセンターバックは、DFファン・ソッコとDFフレイレだったが、フレイレは、左内転筋痛で浦和戦は欠場が濃厚。
代役は、DF二見宏志が最有力候補だ。
二見がピッチに立てば、今季リーグ戦初出場で、ファンとコンビはルヴァン杯も含めて初になる。
それでも、本人に気負いはない。
「浦和は慎三さんのチーム。
1人では厳しい相手なので、協力して守りたい」。
確かに興梠には、苦しめられてきた。
昨年5月20日のアウェー戦ではハットトリックを決められた。
チームとしても浦和には7戦勝ちなしで、計6ゴールを興梠に奪われている。
ファンも興梠に警戒を強めた。
「万能型タイプのFW。
彼にボールが入る前に止めるコーチングをしたい」。
助っ人DFにとっては次戦がJ1通算100試合目となるメモリアルゲーム。
チームも現在3試合連続無得点で4試合勝ちなし。
「勝つしかない」と口をそろえる二見とファンが、覚悟を持って難敵に臨む。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.