サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

G大阪7カ月ぶり勝利、GK東口「気持ちあふれた」

吹田S
ガンバ大阪が長いトンネルから抜けた。
昨年8月26日のサガン鳥栖戦以来、7カ月16日ぶりに勝利。
17試合ぶりの勝利となり、今季初白星を挙げた。
前半4分にDFファビオがMF遠藤保仁の左CKを頭で合わせて先制。
後半は磐田に攻め込まれたが、同41分にFWファン・ウィジョが右足シュートを決めて追加点を挙げた。
ファンは今季5点目。
守っても、GK東口順昭を中心に守備陣が体を張り、今季初の無失点に抑えた。
遠かった遠かった1勝をようやく手にした。
試合終了の笛が鳴ると東口はピッチに手をつき、喜びをかみしめた。
「1勝するのに長くて、なかなか勝てなくて。
勝つのがこんなに苦しいと思わなかった。
そう思ったらきましたね」。
好セーブを連発し、無失点にも貢献。
「今までは苦しい時間帯で失点していた。
ポストにも助けてもらったけど、集中力高く守れた」と胸を張った。
7試合目にしての初勝利。
それでもMF倉田秋は「まだ1勝」と引き締めた。
次節はアウェーでJ1初勝利を挙げたV・ファーレン長崎と対戦。
もう1度気持ちを1つにして、連勝街道を突き進んでいく。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.