サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

浦和連勝、今の順位は「到底満足できない」大槻監督

ノエスタ
浦和レッズがヴィッセル神戸とのシーソーゲームを制し、アウェーで神戸に3-2で競り勝った。
前半23分にFW武藤が自らのシュートからこぼれ球を詰め、今季初得点となる先制ゴールを奪った。
その後は1度逆転を許す苦しい時間帯となったが、後半26分に今季神戸から加入した16年リオデジャネイロ五輪代表のDF岩波が移籍後初ゴールとなる同点弾。
MF柏木の右CKに合わせた。
ラスト10分は押し込んだ。
左サイドを中心に矢継ぎ早にクロスを上げてゴールに迫ったが、相手GKの好セーブもあった。
引き分けで終了かと思われたロスタイム、ふたたびCKからDFマウリシオが勝ち越し弾。
今度は左から柏木が送ったボールに頭で合わせた。
大槻監督が「今の順位は到底満足できるものではない」と話すなど勝利だけを目指し、勝ち点3をもぎ取った。
前節の初勝利からこれで連勝。
開幕5戦未勝利の借金を返すため、ここから連勝街道に入る。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.