サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

札幌都倉「勝ちたい」オーバーヘッドで今季初ゴール

札幌ド
北海道コンサドーレ札幌が名古屋グランパスに3―0の完勝で、ホーム戦2連勝とした。
1―0で迎えた後半24分、FW都倉賢がオーバーヘッドで追加点。
3日の欧州CLでRマドリード・FWロナルドのシュートに影響を受けた1発は、自身今季初ゴールだった。
開幕から4試合控えに甘んじた悔しさを今季ホーム戦初先発でぶつけ、チームの今季最多タイ3得点の快勝に貢献した。
都倉が左足を宙に向けて飛んだ。
1点先制後、チャンスがあってもなかなか追加点を奪えなかったが、再び名古屋ゴールを揺らしたのは背番号9だった。
FWジェイの左サイドからの浮いたボールに合わせてバイシクル。
ゴール右に吸い込まれた。
わき出すサポーターの歓声を背にほえ、右拳を握った。
「勝ちたいっていう気持ちがゴールにつながった」と喜びの余韻に浸った。
頭の片隅に残っていたシュート場面を再現した。
欧州CLでのロナルドのプレーを映像で見ていた。
「ああいう試合を見たことであの瞬間、あのプレーを選択できた」。
ヘディングではタイミングが合わないと瞬時に見極めた。
今季リーグ戦出場3試合を含め公式戦5試合でノーゴールだった点取り屋が、華麗なゴールを奪った。
前向きな姿勢を忘れない。
プロ14年目の31歳。
毎年のオフは、プレー面以外でも何かを学ぼうとする。
16年オフは食事や栄養、昨オフは投資について書籍などを読み、勉強した。
「何でも自分の成長につながる」と語る。
キャンプ中、ミハイロ・ペトロビッチ監督が目指す攻撃的サッカー習得に苦しみながらも「楽しい」と言ってみせた。
今季、リーグの開幕戦でスタメンを外れた。
レギュラーを争った1トップにはジェイが起用された。
リーグ戦は開幕から2戦、ベンチから見つめた。
ようやく初先発の機会が巡ってきたのは前節鹿島戦。
攻守で奮闘し敵地で引き分けたが、決めきれない自分自身に納得できなかった。
「自分に何を求められ、どう行動するのかを常に考えている」。
求めていた結果をド派手なキックでたたき出した。
都倉のシュート8本は両チームで断トツだった。
決定力向上に「シュート練習します」と貪欲に話した。
決して満足はしていない。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.