サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

鹿島鈴木弾で主導権握るも…また2点目が遠かった

BMWス
鹿島アントラーズが「3分」と表示された後半ロスタイムの3分45秒に決勝点を奪われた。
後半41分にMF小笠原をFW金森に交代。
リスクを負って攻めたが、裏目に出た。
前半5分のDF犬飼のオウンゴールを2分後にFW鈴木が取り返し、シュート数も湘南の4倍の16本ながら、また2点目が遠かった。
アシストのMF三竿健は「今は苦しい時期。
ここを乗り切れたらみんな大きく成長する」と言い聞かせた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.