サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

横浜逆転勝ち「ポジティブな攻撃できた」監督手応え

デンカS
横浜F・マリノスが鮮やかな逆転勝ちで1次リーグAグループ首位を守った。
0-1の後半16分、左サイドを突破したFWイッペイ・シノヅカのクロスをFW伊藤翔が押し込んで同点。
その7分後、DF下平匠のクロスに、MF中町公祐が走り込みながら頭で押し込み勝ち越しに成功。
最後は後半29分、コーナーキックを伊藤がヘディングで決めてダメ押し。
「全体的にポジティブな攻撃ができた。
もう少し点が入ってもよかったと思う」。
試合後のアンジェ・ポステコグルー監督の口調は明るい。
これがリーグ戦、ルヴァン杯を通じて今季初の複数得点。
前半はアルビレックス新潟の裏を狙う攻撃に手を焼いたが、後半は相手のプレスをかわしながら、攻撃のリズムをつかんだ。
「自分たちのやるべきことをやってチャンスをつくれば、必ず点は入る」。
ポステコグルー監督は手応え十分に話した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.