サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

磐田荒木プロ初弾&劇的V弾「練習でやってきた形」

ヤマハ
ジュビロ磐田は途中出場のMF荒木大吾がプロ初ゴールを含む2得点の活躍を見せ、逆転勝利の立役者となった。
まずは、1-2の後半41分。
左サイド深い位置でスローインを受けると、カットインから右足を振り抜き同点弾。
同ロスタイムにはゴール前のこぼれ球に反応し、右足ダイレクトで決勝点をたたき込んだ。
日頃から、名波浩監督との居残りシュート練習に励んできた荒木は「名波さんと練習でやってきた形がそのまま出た。
次はリーグ戦に絡めるように、もっとアピールしていきたい」と、さらなる恩返しを誓っていた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.