サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

G大阪長沢「感覚がさえてた」大会史上最速ハット

パロ瑞穂
C組のガンバ大阪FW長沢駿が大会史上最速となるハットトリックを記録した。
前半29分までにプロ初の1試合3発。
これは04年ウェズレイが記録した前半30分を1分更新する最速ハットだ。
同41分にも4点目を挙げ、1試合4得点は12年ぶり5人目となる大会記録に並び、前半だけで4得点は大会史上初という記録ずくめの活躍だった。
「すごく感覚がさえていた。
不思議なくらい全てイメージ通りで、ゾーンに入っていた」
前半5分にシュートのこぼれ球を左足で押し込んだ。
この先制点が勢いを呼び、16、29分には得意のヘッドで決めた。
同41分にも左足でゴールを挙げて勝負を決定付けた。
ポジショニングの良さが際立った。
192センチ、82キロの恵まれた体を武器に、一時は日本代表入りが期待されたストライカー。
昨季はJ1で初の2桁得点を記録した。
G大阪は今季J1で開幕から未勝利が続き、最下位に沈んでいる。
長沢の決定力で上位に浮上していきたい。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.