サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

新潟、先制も初勝利ならず 守備で詰めの甘さを露呈

デンカS
直前のリーグ戦からスタメン全員を入れ替えたアルビレックス新潟は、先制点を守れず初勝利を逃した。
前半28分、FWターレスがセンターライン付近から中央にスルーパス。
それに反応して裏を取ったMF高木善朗がドリブルで持ち込み、飛び出したGKをかわしながら、シュートを決めた。
「ターレスのパスが出てきたときは、完全に裏を取れると思った」と高木。
その後もFW田中達也らの激しいプレスからカウンターにつなげた。
ただ、追加点を奪えなかったことで、後半は横浜に流れを持っていかれた。
プレスをかけられず、相手にスルーパスを通させた。
マークが外れたところからチャンスを作られ、3失点。
攻撃で形ができた一方、守備で詰めの甘さを露呈し、鈴木政一監督は「ボールに複数の選手がいってしまった。
状況判断ができていない」と反省した。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.