サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

ガラタサライ46度エリア内進入許すも守備陣機能

トルコ1部で長友佑都のガラタサライはトラブゾンスポルに2-1で勝ち、首位を守った。
2日のトルコ紙ミリエットは以下のように報じた。

ホームスタジアムは4万6600人のファンで満員だった。
テリム監督は「いい試合だった」と振り返った。
相手は46回もペナルティーエリア内に攻め込んできたが、長友をはじめ、マリアーノ、マイコン、セルダル・アジズといった守備陣が、鋭いプレスをし、いい働きをしてくれた。
これが今回試合の最重要ポイントといえる。
トラブゾンスポルが決めたゴールは、40年に1度くらい見られるかどうかの50メートル級の見事なロングシュートだった。
失点した側としては悔しいというよりも、これならしょうがないといえるものだった。
今後のガラタサライでの課題にもなるだろう。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.