サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

札幌三好がU21遠征から合流 カシマ1勝任せろ

20年東京オリンピック期待の星が躍動を誓う。
北海道コンサドーレ札幌は今日31日、アウェー鹿島アントラーズ戦に臨む。
U-21日本代表でパラグアイに遠征していたMF三好康児が30日、FW菅大輝とともにチームに合流し、前日練習に参加した。
チームはリーグ戦での鹿島とのアウェー戦で、これまで6戦全敗と苦戦を強いられている。
敵地初勝利へ、託された仕事を果たす。
約2週間ぶりにチームに戻った三好は、リラックスした表情で仲間と汗を流し、前日練習を終えた。
この日はボール回しとアジリティートレーニングの軽めの調整だった。
「チームの勝利のために全力でやりたい」と、再開するリーグ戦に備えた。
28日パラグアイからの帰国後、札幌には戻らず菅と先に敵地入り。
コーチと3人でトレーニングを積んだ。
移動の機内では日本時間に合わせて睡眠を取り、時差ボケ対策も万全。
ミハイロ・ペトロビッチ監督も日々状態を確認し、菅とともに「疲れも抜けてきて状態は上がってきている。
明日のゲームは彼らはいいプレーを見せてくれると期待している」。
指揮官から自信を持ってスタートから送り出される見込みだ。
本人も「準備をしてここまで来ている」とやる気に満ちている。
実戦を重ね、ゲーム勘は保たれている。
パラグアイでは南米勢との国際親善試合が中1日で3試合が組まれた。
三好は全戦に出場。
3戦目のU-21パラグアイ代表戦では、1ゴールを決めた。
「最後に決めきる力が必要」と満足はしていない様子だが「チームではゴールの部分にこだわってやっていければ。
イメージはいいので」。
好感触を残してリーグ戦に挑める。
“先輩”との息の合ったコンビネーションで打倒鹿島を成し遂げる。
1トップでの先発起用が予想されるFW都倉とは、川崎Fユースの先輩後輩の間柄。
「ヘディング、懐の強さがあるので、自分たちはサポートを。
常に得点を狙ってると思うので、自分たちがいいボールをあげられれば決めてくれる力がある」と信頼する。
MFチャナティップとともにシャドーとして仕事を全うし、アウェー鹿島戦6戦全敗の悪夢を払拭する。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.