サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

コラム 海外サッカーよもやま話 英サッカー界でスウェーデン製かぎタバコがまん延?

海外サッカーの魅力は、スーパースターたちの超絶テクニックだけではありません。
人間らしい「オフ・ザ・ピッチ」の話題も、人々の注目を 集める要素の1つ。
このコラムでは担当の千葉修宏記者が、直球ニュースから下世話なゴシップネタまで、おもしろニュースを紹介します。
90分間激しく走り回るサッカーというスポーツの特性上、喫煙者がトップレベルでプレーするのはなかなか難しいと思う。
だが英サッカー界ではスウェーデン製の「スヌース」という“かぎタバコ”がまん延している。
粉状のスヌースは、内頬と歯茎の間にはさんでニコチンを摂取する。
日本でも発売されているが、がんを引き起こすとして1992年以降、欧州のほとんどの国では販売を禁止されている。
だが英デーリーメール電子版によると、英国の若いサッカー選手の間で「精神的、肉体的な高揚がある」としていまだに使用者が増えているのだという。
たしかに集中力や注意力、筋力を高める効果があるという研究結果も出ているが、それゆえ世界アンチ・ドーピング機関はスヌースを「注視すべきもの」のリストに入れている。
ニコチンの摂取は体に悪い上、摂取した物質によって集中力などが高められるという意味で“ドーピング”なのだ。
レスター岡崎慎司のチームメート、イングランド代表FWジェイミー・バーディーも、16年に出版した自伝の中で、スヌースの使用を認めている。
試合後のレスターベンチに、使用後の袋が捨てられている“証拠写真”もある。
スヌースは英国でももちろん禁止なのだが、スウェーデンなどからインターネットを使って簡単に手に入れることができる。
トッププレーヤーがやっているのを見て、若者がまねをするのは英サッカー界、いや一般の社会にとっても良いこととはいえない。
影響力のあるサッカー選手たちには、簡単にこういったものに手を出してほしくない。

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.