サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

新潟戸嶋「力を示したい」Jデビュー戦汗かき役担う

J2アルビレックス新潟は、第6節ホーム徳島ヴォルティス戦を翌日に控えた24日、新潟聖籠アルビレッジで練習した。
筑波大卒のルーキーMF戸嶋祥郎がミニゲームで先発組のボランチを務めた。
2試合消化したルヴァン杯では先発フル出場しているが、きょう25日のホームに登場すればJデビュー。
初のデンカビッグスワンで、持ち前の運動量をサポーターの目に焼きつける覚悟だった。
冷静さを装う戸嶋の内面から、激しい気迫があふれ出した。
静かな口調から突いて出る言葉に、徳島戦への闘志がむき出しになった。
「自分の力を示したい。
ピッチに立って、評価される存在になりたい。
いろいろな人に見てもらって、自分はこういう選手だと、証明したい」。
大卒ルーキーが言う「こういう選手」とは、持ち前の豊富な運動量をピッチで吐き出すことだった。
鈴木政一監督の戸嶋への評価は高い。
「彼はチーム戦術、ボランチの役割を理解している。
その中で自分の持っている運動量、パフォーマンスを出して欲しい」。
筑波大時代はサイドハーフ、トップ下で、4年時に関東大学リーグ1部で優勝。
リーグのMVPを獲得した即戦力だ。
ボランチは開幕前の高知キャンプで取り組み始めたばかりだが、指揮官は「意識が高い。
しっかりした考えでプレーしてくれる。
十分やってくれる」と言った。
チームの苦しい台所事情でJリーグ・デビューのチャンスが巡ってきた。
ボランチの正位置を務めていたMF坂井大将が、U-21日本代表パラグアイ遠征メンバーに選出され不在。
前節愛媛戦はMF原輝綺が務めたが、徳島戦はセンターバックに配置換えだ。
DF富沢清太郎が体調不良のため、陣容に手が加わった。
そんな機会を、戸嶋はポジティブに捉える。
「序列が変わるタイミングはアクシデントか、チームの流れが悪いとき。
結果を出すことがすべて」。
大卒ルーキーはチームの汗かき役を担う。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.