サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

仙台野津田カーブFK磨き 居残りで縦回転の軌道確認

ベガルタ仙台のMF野津田岳人が31日のホームV・ファーレン長崎戦での今季初ゴールへ向けFKに磨きをかけた。
23日、仙台市紫山サッカー場でミニゲーム中心のメニューをこなしたあと、居残りでFK練習を敢行。
前節清水戦の後半に、ゴール中央30メートル付近から放ったFKがクロスバーを直撃。
さらに精度を高め、幻となったスーパーゴールを次節ユアスタでたたき込む。
左足でこすり上げられたボールが弧を描きながらゴールをかすめる。
今季から取り組み始めたカーブする軌道で約10分、黙々と左足を振り切り、前節でつかみかけた感触を確かめた。
野津田 清水戦のFKは外れてしまったけど、いい感触がつかめたので自信になった。
縦回転で落ちる軌道は練習はしてきているので。
紙一重でふかしてしまう部分もあるが、高確率で出せるようにしたい。
公式戦6戦負けなしと好調なチームを下支えしている。
清水戦ではトラッキングデータの総走行距離で両チームトップとなる12・85キロをマークするなど、豊富な運動量で攻守で貢献した。
今度は左足の一振りで勝ち点3をたぐり寄せてみせる。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.