サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

鹿島金崎「しっかりできていた」V弾も守備陣に感謝

ベアスタ
ボール保持率はサガン鳥栖に上回られた。
後半25分を過ぎると、パワープレーを仕掛けられた。
「こんな早く仕掛けてくるんやと思った」と日本代表DF昌子源。
耐えしのぐ時間がずっと続いた。
ただ、それを耐え抜けるだけの強さが、鹿島アントラーズにあった。
「最後まで戦えていた。
こういう難しい戦いを制して勝つのが、ウチだと思う」。
日本代表MF三竿健斗は1-0の勝利に胸を張った。
待望の先制点はエースの足から生まれた。
前半14分、元コロンビア代表の鳥栖FWイバルボがボールを収めきれなかったところを、日本代表DF植田直通が右足でつついた。
そのボールをFW鈴木優磨が頭でつなぐと、最後に受けたFW金崎夢生がペナルティーエリアの外から右足を一閃した。
ただ、その金崎も「ディフェンスを中心にしっかりできていた」。
今日は守備陣に感謝しつつ、チーム全員の勝利を誇った。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.