サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

C大阪勝ち点1に尹監督「あきらめず追いついた」

ヤンマー
セレッソ大阪は、後半43分のFW杉本健勇のゴールでブリラムと何とか引き分けた。
G組2位のブリラムと同じ勝ち点のままで、1次リーグ残り2試合に決勝トーナメント進出の望みをつないだ。
杉本がブリラムに連敗かというがけっぷちでチームを救った。
右サイドからのMF山口蛍のクロスを頭でたたきつけるようにゴールにねじ込んだ。
「蛍くんが最高にいいパスをくれた。
決められてよかった」。
負けていれば、1次リーグ突破がかなり厳しくなる状況。
「絶対に勝たないと」のシナリオこそ崩れたが、最低限の勝ち点1をもぎ取った。
ただ、2失点はいずれもCKから。
杉本も「終わってみればセット2本だけ。
警戒していたがやられてしまった。
詰めが甘かった」と悔やむ。
尹晶煥監督も「同じ状況からの失点で難しい試合になってしまった」と振り返る。
これで今季はホームで今季公式戦4戦4引き分け。
「選手があきらめず追いついたのは、肯定的に捉えたい」と指揮官。
新加入FWヤン・ドンヒョンの初ゴールとエースの一撃。
そして負けなかった事実が救いだった。
 
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.