サッカー情報・まとめてみるぞ!

スポンサーリンク

ニュース

甲府森晃太2戦連発 清水との富士山ダービー制す 

中銀ス
ホームのJ2ヴァンフォーレ甲府が、J1清水エスパルスとの「富士山ダービー」を制した。
甲府は前半30分、MF阿部翔平の左CKから、こぼれ球をFW森晃太が右足で豪快に決め、先制した。
その後もボールを保持し、積極的に仕掛けてJ1で3戦負けなしと好調の清水を最後まで苦しめた。
森は、ルヴァン杯前節ホーム札幌戦でのプロ初ゴールに続き、2戦連発。
「いい形で取れて、それを続けようと思っていたので、今日も取れてよかったです。
左サイドからのシュートは練習していたので、思い通りでした」と話した。
甲府は、J2リーグ戦では2分け1敗と勝ちなしだが、ルヴァン杯ではJ1を相手に2連勝を挙げている。
森は「ルヴァン杯のいい形が、リーグ戦へつながっていくと思う」と前向きに話した。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

サッカー情報・まとめてみるぞ! All rights reserved.